動物病院に行くと幸せな気持ちになる。そして少し安心する。 [#165]

先週末、3か月ぶりに実家に帰りました。遠くに住んでいる訳ではないので、最低でも月一は実家に帰るようにしていましたが、コロナ自粛、猛暑、怠け等々で、あっという間に時間が過ぎておりました。

有難い事に母は元気なので、必ず帰らなければならない訳ではないのですが、一応様子を見に行くというか、家が散らかってないか、おかしなことをしていないかなど、異変がないか確認しに行きます。痴呆は急にはじまるかもしれませんし。

しかし、偉そうに書いていますが、今のところ体調を崩すのは、いつも私の方です。頼りない子供でごめんなさい。そしてお母さん!健康でいてくれてありがとう!

実家には、14歳になるおばあちゃん猫が2匹います。私は彼女達(猫)と戯れたいのに、私が行くとピュ~と逃げて行って、私が帰るとまた出てくるそうです。悲しい・・・。

母は猫の爪を切るのが苦手で、私が行った時にしているし、母より私の方が神経過敏な性格なので、猫の変化や異常にも気が付きやすく、病院に連れて行くことも多いので、余計に嫌われているのだと思います。猫からしたら「嫌なことばかりする人」なんでしょう。でも仕方ないのだ。「さだまさし」も歌ってた!「俺の身体、俺より管理しろ♪」それが飼い主(ではないけど!親戚みたいな感じ)の役目なのだ。

先週末も動物病院に行った。口の下、ちょうど顎のところにデキモノが出来ていて、それが3か月行かない間に大きくなって、しかも分泌物が出ていたので、これは行った方がいい!と母を説得し(大袈裟か)出掛けた。かかりつけの病院が年中無休の病院で土曜も日曜も診察しているので、本当に助かる。

私は、ここの動物病院が好きだ。先生は総じて優しいし、先に書いたように年中無休だし、受付の女子はあんまり愛想はよくないが、別にぺこぺこして欲しい訳ではないし。

動物病院も獣医師も色々だ。どこに行っても同じように感じる訳ではないが、基本、動物病院に連れてこられている動物達は「とても可愛がられている」と思う。「大切にされている」。そして飼い主は「裕福」とまではいかなくとも「余裕」がある。だってそうじゃないと、ペットの病気で病院には来ないと思うから。

ペットが大切にされていると、ほっとする。日本も、日本人も(人間も)まだ大丈夫だと思える。
たぶん犬や猫や、その他の人間生活に取り込まれている「愛玩動物」達の一部なんだと思う、可愛がられて幸せなに過ごせる子は。
別に「金かけろ」なんて思っていない。家族として可愛がってあげるのが、飼い主の役目だと思っているだけ。生き物なんだから、物みたいに扱って欲しくないだけ。

ネット記事などにあがってくる動物関連の事件が悲惨で残酷過ぎて、見るに堪えない。私が猫動画や動物関連の記事を検索するからなのか、私のスマホは、私にそういった記事を見せつけてくる。見たくないのに。

コロナウイルスの影響で飼育放棄なども発生しているらしい。生きていたら何が起こるか分からないし、飼いたくても飼えなくなる時もあると思う。そういう時、「捨てる」を選択しないで、今は保護猫として引き取ってくれる団体とかあるから、それを探して欲しいと思う。
私も、将来そんな事があったら必ず誰かに相談しようと思う。その作業を面倒だとか恥だとか言って、無かった事にするのは、残酷過ぎると思う。

今はネットがある。まずは検索しよう!
家族とか友達とかじゃない。今、助けてくれるのは、たぶん赤の他人なんだと思う。
色んな人がいるし、色んなNPOとかあるし、とにかく相談しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です