残りの人生における重大イベント。№2 「終の棲家(サ高住?)への入居編」 [#153]

前回は「自身の死」について書かせてもらったけど、この「残りの人生イベントについて考える」は結局自分に都合よく考えた「理想の形」なので、実際はもっともっと残酷かもしれないし、もしかしたらもっと楽しい?かも???(それはないか!)
つまり「戯言」ですので、お忙しい方は無視して下さいね!

「死」の前には必ず「自分で自分の事ができなくなる」時期がくる。ピンピンコロリは高嶺の花よ。
一人者の不安って、この時期に凝縮されてるような気がする。一人者だけじゃないよね。夫婦でも、親子でも、必ずどちらかが残される。う~~~ん残酷。

だから私の理想は早目に施設に入る事。いや!本当は施設になんか入りたくない!ここまで一人にこだわって(?)生きてきたのに、なんで最後に集団生活しなきゃなんないの( ノД`)シクシク…とは思うけど、それと同時に、今でも・・・正直・・・家事めんどくさいです。

何もかもが、めんどくさいんですよ。ダメ人間故のそれでしょうか。(クズです)
私は引きこもってますけど、まったく暇だとは感じません。朝ゴミ出して、掃除して、洗濯して、買い物行って、料理して、食べて、風呂入って、寝て、その他諸々・・・・。この基本中の基本行動だけで、一日の大半の時間が過ぎてゆきます。なんでこんなにやる事あるのかな~?片付けても掃除してもすぐ汚れるな~💦そんな風に感じています。たぶん猫が居るから毛が抜けるし汚れるというのもあると思います。でも猫=生きがいのオバサンだから、これはしょうがないですよね。
(あと要領悪い問題!何するのも時間かかる問題!もあります)

こんな感じで48歳でも家事って結構しんどいと思っているのに、最後まで一人で全部やる!なんて到底無理なのです。年取ったら、どうしても他者に頼る他ないんですよ・・・

私の伯母が今現在「サ高住」に入居しているのですが、結構お金かかります。月に約18万円と医療費。
どうですか?ほんとに結構かかるでしょ?!

前にも書いたかもしれないのですが、私の伯母は人生の大半を精神病院の中で過ごしてきた人で、昨年、長年お世話になった病院を出て、今のサ高住に入居しました。もちろんこの手続きも退院も入居も手伝いましたよ。伯母に『クソババア~!!クソババア~!!』と暴言を連呼されながらも頑張りましたよ。それが家の中の一番若いモノの役目でしょ。しかし頭おかしい人は、ほんとにもうウンザリ(お前もな!!と聞こえてきます(笑) 48歳は確かにババアだけど、78歳の人に言われたないわ!

叔母となんか関わりたくないけど、当然伯母は独身な訳で、結局関わることになるんです。それが身内。
とは言え全然!全く!お見舞いなんぞには行きません。暴言吐かれに、わざわざ行きたくないです。(あとコロナの事であちらも来てほしくないようです)
本当に、病院にもサ高住にも、代金を支払っているとは故、こんな人を預かって世話してくれて、本当に感謝しかないです。家で家族で面倒見て下さいとか言われたら、私の方が病院送りですよ。

※サ高住とは。
https://kaigo.homes.co.jp/manual/facilities_comment/list/house/service/

伯母の入居で「サ高住」を知るまでは、もっとマンションぽい?というか・・・もっとプライバシー確保されてる感じだと思ってました。うちは祖母も最後は施設に入りましたが、その老人保健施設となんら違いない・・・相部屋か個室かの違いで、雰囲気は一緒に見えましたね。

もちろん「サ高住」「施設」「ホーム」と一括りに言っても、そりゃ高額な所はもっと違うだろうし、もっと安価な所は、また違うのでしょうね。だから「将来はサ高住に入る為にお金を貯めないと!」なんて考えていたけど、ここに入るのか・・・と思うと想像していた生活とはだいぶ違うなと感じました。
女芸人「いとうあさこさん」が『60歳になったら老人ホームに入って、お爺さんからモテモテ生活を送りたい♪』なんて言われてましたが、いとうさんなら高級老人ホームに入れるだろうから、楽しくホーム生活できそうですけどね!結局お金ですね~~💦
(というか、いとうさん大好き💛いとうさんなら、今からでも結婚できると思う!)

私は可愛くない性格なので、お爺さんにモテたいとか一ミリも思わないけど、お金は欲しい~~。

伯母の世代はラッキーです。ほんとに、この国に生まれて良かったと思うくらい手厚いです。(本人は感謝なんてした事ないと思うけど)
でもこれからは無理でしょうね。

まとめ。無職が言うのは、ちゃんちゃらおかしいのですが、老後楽しく暮らせるかどうかは、結局、お金みたい。😨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です